投稿日:2023年9月8日

相続した家が未登記だったときに解体工事はできる?

こんにちは!拠点を東京都三鷹市に置き、解体工事全般や木造家屋解体などを手掛けている合同会社真総建です。
相続した家の処置について考えた時に、解体工事を検討される方は多いと思います。
そこで今回のコラムでは、相続した家が未登記だったときに解体工事はできるのかについてご紹介します。

未登記建物を解体する際に注意すべきこと

未登記建物を解体する際に注意すべきこと
未登記建物というのは、文字通り登記をしていない建物のことです。
そもそも登記とは、法的にその建物の所有者を明確にしているものです。
そのため、その建物を相続した人が解体をしても、全く問題はありません。
しかし、確実に登記がされていないかを確認することが重要となるのです。
第3者によっての登記や口約束だけであったとしても、相続や贈与をお約束した人が他に存在していた場合、トラブルに発展する可能性があります。

最重要項目は家屋滅失届

第3者によって登記が行われていた、他に相続する人がいない、などの理由から解体できた場合、最も重要なことは家屋滅失届を提出することです。
一般的に、登記されている建物を解体撤去した場合、建物滅失登記の手続きを行います。
しかし、未登記建物はそのもともとの登記を行っていないため、建物滅失登記の手続きはできないのです。
そこで建物滅失登記と同じように、建物の存在がなくなったことを証明する手続きとして、家屋滅失届を行います。
建物滅失登記と家屋滅失登記の大きな違いは、手続きを行う場所です。
建物滅失登記は法務局で行いますが、家屋滅失届は各市町村の役所に提出をすることになります。

真総建へご相談ください!

真総建へご相談ください!
弊社では、解体工事などを承っております。
アスベスト除去も行っているので、アスベストを使用した建物の解体工事にも対応可能です。
徹底した安全管理で高品質な解体工事を行うので、ぜひ弊社にお任せください。

【求人】真総建では新規スタッフを募集中!

現在弊社では新規スタッフを募集しております。
経験、未経験は問わず募集中で、経験をお持ちの方には即戦力としてすぐに活躍できる現場をご用意いたします。
解体工事のプロになって地域の発展に貢献しませんか?

真総建では協力会社様を募集中!

協力会社を得ることは、会社の可能性を広げるなど、さまざまな点でメリットを得られます。
弊社でも協力会社様を募集中ですので、興味を抱いてくださった方はぜひお問い合わせをお待ちしております!
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

解体工事・内装解体工事なら東京都三鷹市の『合同会社真総建』へ|求人募集中
合同会社真総建
〒181-0014
東京都三鷹市野崎1-14-4 エクリーンミタカⅠ 205号室
TEL:090-2863-9408
【営業電話固くお断り】


関連記事

営業所移転のお知らせ

営業所移転のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 さて、今回はみなさまにご報告がございます。 営業所移 …

都内某所にて

都内某所にて

都内某所にて ビルの5階を解体です。かんでますねww …

S県某所

S県某所

皆様 お疲れ様です!寒いのですが動くと暑くなり 汗ばんでくるので 服装に迷ってしまっている 今日この …

お問い合わせ  採用情報